上村 美年

uemura
水まわりの工事ひと筋で30年続けてきた上村さんは、地元の大田区では名士として知られている。キッチンやトイレ、お風呂まわりのリフォームや新設が上村さんの主な仕事だが、急を要する依頼も、実は多い。「漏水」の対応だ。

水漏れが発生してしまったと聞けば、土日祝日も関係なく、すぐに現場に駆けつける。上村さんが原因を探し出すに至る時間は短く、必ず対応方法も提示している。漏水調査で客先に向かった際に、「できない」を言わないことが上村さんのモットーだ。

上村さん自身も漏水調査に大きなやりがいを感じながらも、あくまでもメインの仕事は水まわり全般だ。キッチンや給湯器の交換などだけでなく、配水管の工事も行っている。上村さんは、トータルで考えることを何度も強調していた。その意味するところが筆者には当初わからなかったのだが、お話を聞いているうちに、上村さんの「トータル・コーディネイト」が少しずつわかってきた。

例えば洗面台の交換時、筆者ならば、どの洗面台を選ぶかに気が行ってしまいそうだが、上村さんが大切にしているのは下地づくり。漏水や故障などがおこらないよう、下地をしっかり作るよう心がけている。

また、台所や風呂場などのリフォームやメンテナンス時には、排水管の勾配に気を配っている。排水管には規定の勾配値が設定されており、規定値を下回るとスケール(ゴミやカス)が溜まりやすい。この勾配値はあくまでも目標値であり、守るも守らないも職人さんしだいなのだそうだが、上村さんは、この値を遵守して作業をしている。

ほかにも、配管がなにかに挟まれることのないように固定したり、強度を高めるためにできるだけ肉厚の配水管を使ったり、トイレや風呂場などで水を流す際の音を小さくするために消音パイプを使うなど、上村さんはあらゆる配慮を怠ることがない。

きちんと流れて漏れない配管があってこそ、新しいキッチンもトイレも気持ちよく使うことができる。そして、しっかりとした配管はメンテナンスの回数が少なく済むため、維持費用は相対的に低く抑えられる。目に見える設備と、目に見えない設備の両方をトータルで考える水まわりが、上村さんの真骨頂だ。

「自分の家をつくるつもりで、いつも仕事に挑んでいます」と、上村さんは言う。気持ちよく流れて漏れない水まわり、上村さんにお願いしてみたい。

ajaxform